ポイント紹介 – 冠島・アサグリ(浅礁)・音海

ooshima.sora kannmurijima kojima.sora2 point

冠島ダイビング紹介

白岩 若狭湾の沖合いに浮かぶ周囲4kmの無人島で、天然記念物のオオミズナギドリの群生地として有名。島の周辺は、釣り人にも名高い魚影の濃い海で、冠島独特の深いドロップオフ、ダイナミックかつエキサイティングなポイントやのんびり潜りたい人、マクロの世界を満喫したい人向きのポイントが数多く点在しています。初心者・上級者を問わず、幅広い層に楽しんでいただけます。

冠島のダイビングポイント

大礁(大グリ)
大グリ
最大水深50m。冠島周辺のポイントの中では最も北に位置し、潮の流れが速い時が非常に多いが潜れたときには根付の魚も多く魚影の濃さも格別。また、ヒラマサ・ハマチ等の回遊魚の大群との遭遇率は冠島で人気No.1! 豪快なドロップオフも見どころのひとつ。

ハマチの群れ動画     イサキの群れ動画     オニオコゼ動画
小島北
小島北
沓島(冠小島)の北のポイントで大型のイシダイ、グレ、回遊魚などが見られる。波や潮流の影響を受けやすいが高確率で回遊魚が見られることが多く人気は高い。
ツリガネ
ツリガネ
沓島(冠小島)の北東に位置するポイントで最大水深は50m。大きな岩が入り組み根魚等の魚影が濃く生物も多い。比較的型の大きなイシダイやグレが見られる。沖に目を向けると回遊魚の出現もしばしば。地形が面白く是非潜ってもらいたいポイントの一つ。
マンフェイス
マンフェイス
沓島(冠小島)の東に位置するポイントで東に行くほど深くなるが冠島よりも急勾配で最大水深60mに及ぶ。グレ、イシダイの根魚からアジ、イサキ、スズメダイの群れが多く浅瀬の岩礁にはコケギンポが多く生息している。また、ボートから見る沓島の断崖は冠島よりダイナミックで夏にかけてウミネコの子育てが多くみられる。
小島南先端
小島南先端
沓島(冠小島)の南のポイント。小型のグレ、イシダイの群れやスズメダイ、メバル、チャガラなど群れの宝庫になっている。秋になるとソラスズメダイの群れも美しい。また、潮辺りがいいときには回遊魚も現れダイバーを楽しませてくれる。
小島西
小島西
沓島(冠小島)の西のポイント。入り組んだ岩場のポイントで景観が面白くフィッシュウォッチングに適したポイント。初心者からでもゆっくり潜れる。
トドグリ
todoguri
最大水深35m。冠小島付近にあり冠島で一番広大な瀬で、大きな岩が積み重なり穴やトンネルが多数あり、キジハタ・メバル・イシダイなどの根魚がいたるところにひそんでいる。


ハコフグ動画
チョベイ
チョベイ
最大水深40m。トドグリと中津神(ナカツガミ)の中間にあり、水深40mから6mまで切り立った根ではイサキやアジの群れに囲まれることもしばしば。また、群れを追ってハマチ等の大型もやってくる。大きく育ったオノミチキサンゴやソフトコーラルも美しい。
中津神(ナカツガミ)
中津神
最大水深50m。冠島と冠小島の間に水深50mよりポツンと水面に突き出した根。タテやヨコに走った割れ目にはグレ・イシダイ・メバルなどの根付の魚も多く、また刃物で切り裂いたような傾斜のドロップオフにはオノミチキサンゴやソフトコーラル等も群生。比較的流れが速いため潜る機会は少ないが、それゆえ回遊魚等の大物に出会えるチャンスも多い。

コケギンポ動画    イサキの群れ動画    スナビクニン写真    ハマチの群れ動画    エイ動画
立神グリ(タチガミグリ)
立神グリ
最大水深45m。水面下2mから水深45mまで落ち込んだ隠れ根。根の周辺には多くの割れ目があり、無数のイシダイ・グレ等が多く潜んでいる。また中層にはスズメダイ・アジ・イサキ等の群れを狙ってブリ・ヒラマサ等が回遊してくる。西側は、ダイナミックなドロップオフで水中にそびえたつ山並みを見ながらの浮遊感や地形観察が楽しい。

ハマチの群れ動画    スズメダイの群れ動画    チャガラの群れ動画    タカノハダイ動画
ホンベラ幼魚ホンソメワケベラ幼魚動画
ノコギリ・北のハナレ・北の瀬
ノコギリ・北のハナレ・北の瀬
冠島の北側に位置するポイントでどのポイントも地形の起伏に富み散策をすると大変面白い。回遊魚との遭遇は少ないが小魚や寝付きの魚などのフィッシュウォッチングに適している。
幼魚の里
幼魚の里
冠島の北西のポイントで常に穏やかで水深も比較的浅い。大物こそ少ないが波の影響を受けず幼魚やウミウシなどが多く、荒れてどのポイントも潜れなくても比較的に潜りやすい。

チャガラの群れ動画
ナガシタグリ
ナガシタグリ
冠島の北東部にある隠れ根で水深40m~水面下5mまで駆け上がった複雑な地形は上から見るとまるで竜の背の様な雰囲気を漂わせる。南北に走るこの瀬は東にドロップオフ、西はなだらかな斜面とゴロタが広がる。南にいくと瀬の西側は砂地が広がる地形を堪能できるポイントの一つ。常に回遊魚の期待も大きい。

イサキの群れ動画
天秤グリ(テンビングリ)
カマス
冠島東側に南北それぞれに隠れ根をもったポイント。地形が面白く、大きな岩が点在し東に行くと勾配のあるゴロタがありそれをさらに進むと砂地が広がる。大きな岩の隙間にはイシダイやグレが隠れている。また、カサゴやメバル、スズメダイなども多く、ときより秋にカマスのトルネードなどが見られる。

カマスの群れ動画
鳥居前・宮前
鳥居前・宮前
どちらも冠島の東側にあるポイント。島影になっていて風の影響を受けにくく比較的に穏やかなポイント。島に沿って浅瀬が続き、東に水深20mまでゴロタが続きそこからは平坦な砂地が広がっている。どちらも幼魚やスズメダイ、アジの群れが多く、夏から秋にかけて透明度も高く、フィッシングウォッチには最高のポイントで初心者の方でも安心して潜れるポイント。

チャガラの群れ動画    スズメダイの群れ動画    ヒメギンポ画像    カンパチ動画    アメフラシの遊泳
アジの群れ動画    カマスのトルネード動画    アイゴの幼魚動画    ホンベラのクリーニングシーン動画
白岩
白岩
最大水深15m。水深3mから15mとなだらかな海底の所々に岩の重なりがあり、多種の魚が棲みついている。海底の岩は白っぽく海中は穏やかで明るく生態観察に適している。
平岩
平岩
最大水深20m。付近の水底はゴロタが広がっていてたくさんの種類の幼魚たちが見られる。波や流れの影響を受けにくいため比較的穏やかなことが多く初心者からでも楽しんでもらえる。
ゴロタ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
最大水深30m。冠島の南端に位置し、ゴロタ石がなだらかに海底の砂地まで続き、潮の流れも殆どなく海況に左右されることなく、のんびりと潜れマクロ写真を撮りたい人には最高のポイント。

越前クラゲ動画
瀬先
瀬先
最大水深35m。冠島の南先端にあり水深の浅いところが広がっていて、海中は幼魚や小魚が群れている。潮の少ない時は潜りやすく、また深くなるにつれて、イシダイ・グレ・マダイの大型を見ることが出来る。

チャガラスズメダイ動画

冠島ポイントマップ

冠島ポイントマップ

アサグリ(浅礁)ダイビング紹介

アサグリ(浅礁)アサグリ・港からボートで15分、若狭湾の沖合に広がる隠れ根ポイント。抜群の透明度で複雑かつダイナミックなドロップオフやトンネル・割れ目などの地形がとても素晴らしく、また異常に魚影が濃く、6月からはドロップオフには大型回遊魚や巨大なエイ、時にはサメなども現れることあり。トンネルの中にはオノミチキサンゴがシャンデリアのように付いていてイシダイ、グレ、キジハタなどの根付きの魚、アジ、イサキ、タカベの群れ、スズメダイの群れなどはダイバーを覆い尽くすほどの群れになることも、、、、、夏にはシイラやカツオの群れなどにも巡り遭え、秋には死滅回遊魚やスズキ、カマスの群れなどもダイバーを歓迎してくれる。ワイド、マクロ、地形と三拍子そろった日本海の超一級ポイント。   こちらをクリック 浅礁動画

浅礁(アサグリ)のダイビングポイント

本根(割れ目)
本根(割れ目)
基本的にアンカーを入れる根で南北に2つに分かれた根が東西に連なるようにあり、その2つの根には小型のスズメダイ、ベラ、タコ、イシダイ、グレなどの住処になっている。割れ目は自然の通路のようになっていてその壁面にはたくさんのウミウシなども見られる。
トンネル・東根
トンネル
本根(割れ目)から東に移動すると少し立ち上がった根があり、その根の下には通り抜けられるトンネルがある。見所はトンネルの内部にシャンデリア状に吊り下がったオノミチキサンゴで年々大きく成長している。また、根の周りにはスズメダイ、アジ、イサキの群れ、ベラ類、カサゴ、キジハタなどの根付の魚も多い。

ハマチの群れ画像     ハマチの群れ動画
西のハナレ根
comingSoon
本根から西に移動すると水深12m位まで突き出した根があり、その北西方向に6つの根が点在するハナレの下の穴にはサメが隠れていることもある。常にイサキ、アジが群れ、それを目当てに大型のタイやヒラマサ、ブリなどの回遊魚が現れる。運がいいときにはそれ以外の大型の訪問者が現れることがあり当たった時の感動は大きい!!

ハマチの群れ画像     ハマチの群れ動画

音海ダイビング紹介

音海ダイビング紹介音海半島は福井県高浜町北東部にあり、若狭湾の西部に突出し若狭国定公園に含まれる。あまり知られていないが、音海の高さ260mの絶壁大断崖は福井県の名勝地にも指定されている。水中もダイナミックな景観から癒しのポイントまでバリエーションが多く初心者から上級者の方まで楽しんでいただけます。

音海のビーチポイント

スロープ前
スロープ前
当店、施設前のビーチポイント。年中穏やかで講習や初心者のファンダイブに最適のポイント水は 砂地になっており、ハゼやベラなどが多い。サンゴダツは通年見られる。

音海ハナデンシャ動画     音海 ギンカクラゲ     音海 ギンカクラゲ2     音海エビクラゲ動画
ロックウォール(水深 5m~15m)
アメフラシ
当店、建設前の港ビーチポイント。エントリーして南西方向に進むと砂地が広がり徐々に深みには ウミエラ、ウミサボテン、砂イソギンチャクなどの生物が多く浅場の砂地にはハゼ、ベラ、スズメダイ などが多い。

アメフラシの遊泳動画
へてがさき(水深3m~30m)
へてがさき
音海防波堤の外側のビーチポイント。エントリーするとゴロタが広がり、ホンダワラや クロメなどの植物が被い茂り、その中にヒメスイ、メバル、ベラ、スズメダイなどの幼魚が たくさん潜んでいます。比較的、岩場が多いため夏場は透明度も綺麗です。

タコの抱卵1     タコの抱卵2     タコの抱卵3     タコの抱卵4
小泊ビーチ
小泊ビーチ
港からボートで2分くらいのポイント。冬場でも波の影響を受けにくいポイントです。 沖に出ていくと大きな岩が点在しており、ウミウシやマクロ生物が豊富です。年中穏やか なので初心者のダイバーでものんびり潜れます。

音海のボートポイント

猫の額
ゼニガタフシエラガイ
港からボートで2分くらいのポイント。冬場でも波の影響を受けにくいポイントです。 沖に出ていくと大きな岩が点在しており、ウミウシやマクロ生物が豊富です。年中穏やか なので初心者のダイバーでものんびり潜れます。

ゼニガタフシエラガイ動画
灯台下
灯台下
港からボートで3分くらいのダイナミックな地形ポイントです。音海随一の釣りのポイントで磯は突き出した岩場の地形になっており大型のグレ、イシダイ、コブダイなどの隠れ家になっていて見ごたえ十分です。磯に釣り人がいるときには潜ることが出来ませんが潜れた時は非常にラッキーなポイントです。

ヒラメ動画    ヒラメ動画2    ミギマキ動画    タコの抱卵動画    カンパチの群れ動画
栃ケ島
栃ケ島
港からボートで3分くらいの癒しポイントです。べラ、スズメダイ、タカノハダイ、コブダイなどの幼魚が多く、島の周りはグルリと一周廻れる位の距離なのでゆっくり、のんびりと生物観察が可能です。
小山グリ
小山グリ
港からボートで3分位の地形のポイントです。根の周りに点在する多数のゴロタに根魚のメバルやグレが群れていて時には回遊魚も現れたりします。また、ウミシダ、オノミチキサンゴ、カイメン等の水中生物も豊富です。

スズメダイの群れ動画    タコの抱卵動画
大鍋(おおなべ)
大鍋(おおなべ)
港からボートで5分位のポイントです。なだらかなゴロタ続き、べラ、チャガラ、コブダイ、スズメダイ等の幼魚が多い。比較的穏やかなポイントなので初心者のダイバーから楽しめる。
立礁(タチグリ)
タチグリ
港からボートで5分位のダイナミックな地形のポイントで潮当たりが良ければ大型の回遊魚が現れる。その他、根付きの魚の魚影も濃く、ウミウシなどのマクロも充実している。音海の代表的なポイントの一つ。

アオリイカ動画    イサキの群れ動画    ヒメイセエビ動画    アジの群れ動画
マクリ.沖マクリ
マクリ.沖マクリ
港からボートで10分位の広大な隠れ根のポイント。1ダイブでは回りきれないほどの大きな根でなだらかなゴロタ、クレバス、水路、白砂、暗礁などの地形が面白く、根付きの魚たちがいたるところに点在して群れている。幼魚も豊富でフィッシュウオッチングには最適である。
コブダイの里
コブダイの里
当店人気のオリジナルポイント。常時5~6匹の大きなコブダイが見られ、大きな岩が点在する場所を潜っているとグレ、イシダイ、メバルなどの根魚などが多く見られる。港からボートで5分と近いので初心者ダイバーに大人気です。

コブダイ動画    スズメダイの群れ動画

音海ポイントマップ

音海ポイントマップ



    冠島/浅礁/音海外洋の魚写真   音海スロープ前湾内の魚写真