月別アーカイブ: 2014年9月

2014/09/28(日) 音海 小山礁(コヤマグリ) 冠島 宮前/鳥居前北(カマスの大群の動画)

 

音海 小山礁(コヤマグリ) 水温24℃ 透明度10~15m 気温26℃

冠島 宮前 水温24℃ 透明度20m 気温26℃

冠島 鳥居前北 水温24℃ 透明度15~20m 気温27℃

 

台風も温帯低気圧に変わり、影響がどうか??と心配でしたが、

週末は、少し雲があるもののまずまずの海況コンディションでした。

 

早朝は音海の小山礁(コヤマグリ)にエントリー

 

水面付近は少し濁りが入っていましたが、水深を取っていくと、

10m~所によっては15m位見えていました。

 

深みには魚影が少なかったのですが、水深を上げていくとメジナ(グレ)

の大群やイシダイなどが群れていました。

 

また、コブダイの幼魚が多く、2センチ位から10センチ位のコブダイの幼魚が

ウロチョロ(@_@)と泳いでいました☆

 

その他にも、カサゴやニシキハゼ、タカノハダイなどが見られました。

 

帰港後10時30分に再び冠島へ!

 

冠島へ向かう途中少し波がありましたので、まずは、宮前にエントリーしました。

 

こちらは透明度も良く、20mは見えていました☆

 

水中にはアジの群れや、カサゴ、イシダイ幼魚、タツノオトシゴ、イサキ、コブダイ幼魚、

ウミヒゴイ、サビハゼ、ヤガラ、ホシノハゼ、クツワハゼ、キンチャクダイ幼魚など、

多くの魚が私たちを楽しませてくれました。

 

そして、最後にカマスの群れ!っとゲストに見ていただくつもりで、コース設定をしていたのですが、

先週、群れていた場所に居ない??

なぜ?と探してはみるものの、時間切れとなりました。

 

 
冠島 宮前 ヤガラ

 

 
冠島 宮前 アジの群れ

 

 

 

休憩後、先ほどのリベンジとばかりに冠島の東側を捜索するか、西側を捜索するかの

話し合いの結果、二本目は鳥居前の北側にアンカーリングして、エントリーしました。

こちらも透明度は20m位ありそうです。

 

潜降していくと早くも数匹のカマスが!!

ここにいる!

 

そう願いながらスズメダイ、チャガラ、アジの群れをかき分けながら、

進んでいくと、向こう側にいました!カマスの群れです☆

 

ゆっくりと近づき動画の撮影をするゲストの方や、写真を撮影するゲストの方

の廻りをカマスがゆっくりと取り囲みはじめて、どんどん大きくなり、

やがて、凄いカマスのトルネードになっていました。

 

その渦の中で満足そうに撮影されてたゲスト様の姿がとても印象的でした(^^)/

 

 
冠島 鳥居前北 カマスの大群

 

 

2014/09/27(土) 音海 スロープ前

 

音海 スロープ前 水温25℃ 透明度5m 気温28℃

 

本日は、初心者ダイバーさんのご要望で、音海でビーチダイビングを行いました。

 

湾内は波もなく穏やかで、朝から快晴に恵まれ絶好のダイビング日和になりました☆

 

さすがに透明度の方や魚影は浅礁(アサグリ)、冠島のようにはいきませんが、

それでも小魚はとても多く、アジ、ヒメジ、キュウセン、マダイ、イシダイ、クツワハゼ、

アオハタ、キジハタ、アイゴ、アナハゼ、トラギス、マエソ、キンチャクダイ幼魚、マダコ、

アオリイカ、ヒロウミウシなど色々な種類の魚が見られました。

 

参加されたゲストの皆さんもゆっくりとダイビングを堪能されたようで、満足でした!

 

ヒロウミウシとアナハゼの写真をアップしておきます。

 

ヒロウミウシはよく見るととても興味深いです☆

音海 ヒロウミウシ

音海 ヒロウミウシ

 

 

アナハゼ君の表情が読めませんね笑

音海 アナハゼ

音海 アナハゼ

 
 

2014/09/23(火) 音海 灯台下 冠島 宮前/鳥居前(トリイマエ)

 

音海 灯台下 気温26℃ 水温24℃ 透明度10m

冠島 宮前 気温29℃ 水温24℃ 透明度20m

冠島 鳥居前 気温27℃ 水温24℃ 透明度15m

 

本日も週末からのうねりが少し残っていましたが、しだいに穏やかになる予報で

予定通りにダイビングをしてきました。

 

早朝の音海は灯台下に潜ってきました。

 

さすがに秋の海になるとどのポイントも魚影が濃いのですが、

ここは、特別に魚影が濃いです。

 

潜降した瞬間からアジやスズメダイを狙うカンパチの群れに混じって、

ハマチがちらほら、その他、メジナ(グレ)やイサキ、ミギマキ、コブダイ幼魚、

カサゴ、コケギンポなどが見られました。

 
 
音海 カンパチの群れ

 
 

また、このポイントでもマダコの抱卵が観察できました。

 
 
音海 灯台下タコの抱卵

 
 

ハッチアウトまでが楽しみです☆

 

 

10時30分に冠島へ出港!

 

本日は初心者ダイバーのゲストをサポートです。

 

手始めに宮前にエントリー

 

スズメダイの群れを筆頭にアジ、イサキ、チャガラ、スズメダイ、

ソラスズメダイ、イシダイ幼魚、アイゴ幼魚、アオリイカなど、

沢山の群れをゆっくり見ていただきリラックスしていただきました。

 
 
冠島 宮前 アイゴ幼魚とカマスの群れ

 
 

休憩後は、鳥居前にエントリー!

 

初めに少し水深を取り、サビハゼ、ホシノハゼ、タコノマクラ、アナハゼなどを

見ていただいた後、浅瀬に移動して、カマスのトルネードへ!!

 
 
冠島 鳥居前 カマスのトルネード

 
 

瞬く間にカマスがゲストの廻りをぐるぐると囲み始めると皆さん楽しそうに

写真や動画を撮影されていました。

その間、ずーっとカマスの群れに巻かれるダイビングです☆

 

最後は、浅瀬を移動しながら、ソラスズメダイやチャガラ、ニジギンポ、

ホンベらの幼魚などを見ながら帰ってきました。

 

初めは緊張していた皆さんも、リラックスできたのか、いつしか上手に

潜っていらっしゃいました。

 

船上に上がってきた皆さんの満足そうな笑顔がとても印象的でした☆
 
 

2014/09/21(日)音海 猫ノ額 冠島 宮前/立神礁(タチガミグリ)

 

音海 猫ノ額 気温26℃ 水温24℃ 透明度8m

冠島 宮前 気温27℃ 水温24~25℃ 透明度20m

冠島 立神礁(タチガミグリ) 気温27℃ 水温24~25℃ 透明度15m

 

本日、音海の早朝ダイブは初心者グループの希望で、猫ノ額に行ってきました。

 

水面から中層までは濁りが入っていますが水底付近は、10m位は透明度が

あったと思います。

 

水底にはホシノハゼ、サビハゼ、クツワハゼ、イトベラ、ササノハベラ、ホンベラ

キュウセンベラ、オハグロベラ、キンチャクダイ幼魚などが見られました。

 

10時30分に冠島に向けて満船出港しました。

 

本日も初心者ダイバーチーム~上級者の5チームに分かれてインストラクター5名と

船長(船上からの常時見張り)で万全の態勢のサポートです!

 

まずは、最近、たくさんの幼魚の群れがお勧めの宮前にエントリーしました。

 

初めに見られたのはカンパチがスズメダイやアジを狩るシーン!

 

その恩恵を受けようと近くにはアオリイカも連帯を組んで潜んでいました。

 

カンパチがスズメダイに突入して、スズメダイやアジが散るシーンは必見でした!

 

まさに弱肉強食の水中世界です☆

 

また、少し進んでいくとかわいいソラスズメダイの幼魚や、タツノオトシゴ、ホンベラのクリーニング、

チャガラ、アイゴの幼魚の群れなどが見られました。

 
 
冠島 宮前 タツノオトシゴ

 
 
冠島 宮前 ホンベラのクリーニングシーン

 
 
冠島 宮前 アイゴの幼魚

 
 
休憩後、今度は、地形のポイントが楽しい立神礁(タチガミグリ)にエントリー

 

ここではイサキの群れや、メジナ(グレ)の群れが凄かったです!

 

また、イシダイやタカノハダイ、ソラスズメダイ、メバル、キンチャクダイ、ミギマギなど

多くの魚がおり、珍しい生物ではニシキウミウシの幼体、ホンソメワケベラ幼魚、

キンギョハナダイ幼魚などが見られ、初心者~上級者の方まで満足されていました。

 
 
冠島 ホンベラ、ホンソメワケベラ幼魚

 
 

無事、15時に音海に入港!

 

今回も参加されたゲストの方に沢山のお褒めの言葉を頂き誠に光栄でした。

 

これからのシーズンは南方系のカラフルな魚の幼魚や生物たち、

大型のマダイやイシダイ、グレ、アジやイサキ、カマスの群れも多く、

大型の回遊魚なども混じって水中は一層にぎやかになるのでとても楽しみです(^^)/

 

 

2014/09/20(土)音海 立礁(タチグリ) 冠島 宮前/瀬先

 

音海 立礁(タチグリ) 気温27℃ 水温25℃ 透明度10m

冠島 宮前 気温27℃ 水温25℃ 透明度25m

冠島 瀬先 気温27℃ 水温25~26℃ 透明度20m

 

本日も、少し風がありましたが、天気は良く早朝の音海ダイビングで

立礁(タチグリ)に行ってきました。

 

エントリー早々、アジやイサキ、メジナの群れが凄かったです。

 

水面近くのスズメダイをカンパチやハマチが狙っているシーンが見られました。

 

少し水深は深めですが、25mのあたりでハマチの群れに遭遇です!

 

残念ながら動きが速くてすぐに遠ざかってしまい動画や写真は撮れませんでしたが、

ゲストの方々は満足そうでした☆

 

帰港後、10時30分に再び冠島へ向けて出港しました。

 

風の影響で少し波立っていたので島影のポイントにエントリー

 

こちらもイサキやアジが非常に多かったです。

 

その他、スズメダイの群れ、カサゴ、チャガラ、メジナ(グレ)、タカノハダイ、

イシダイ、イシガキダイなど沢山の魚たちが見られました。

 

浅瀬には非常に多くのアイゴの幼魚が群れていて大変可愛らしかったです☆

 
 
冠島 宮前 アイゴの幼魚の群れ

 
 

また、凄かったのが、カマスの群れで、型はあまり大きくはありませんでしたが、

数がとにかく凄い!

 

途端に囲まれてカマスのトルネードとなりました。

 

ゲストの皆さんもじっくり動画や写真を撮影されていました。

 
 
冠島 宮前 カマスの群れ

 
 

休憩後は、瀬先(セザキ)へエントリー!

 

ここにもカマスの群れやアジ、イサキ、ソラスズメダイ、カンパチ、イシダイ、チャガラ、

イシガキダイ、コブダイ幼魚、スズメダイ幼魚、アイゴ幼魚など幼魚の溜り場になっていて、

とても賑やかでした。

 
 
冠島 瀬先 チャガラ スズメダイ幼魚

 
 
ハゼはサビハゼ、クツワハゼ、ホシハゼなど、砂地に多くホタテウミヘビも沢山見られました。

 
 
冠島 瀬先 ホタテウミヘビ

 
 

冠島周辺は、まだまだ透明度が高く20m~25m位は見えていました。

 

ゲストの方々も色んな生物を観察して楽しまれていました。