月別アーカイブ: 2014年10月

2014/10/26(日)浅礁(アサグリ)西の離れ根/東のトンネル

 

浅礁(アサグリ)西の離れ根 水温20℃ 透明度7~10m 気温23℃

浅礁(アサグリ)東のトンネル 水温20℃ 透明度7~10m 気温23℃

浅礁(アサグリ)西の離れ根 水温20℃ 透明度7~10m 気温23℃

 

本日は、久しぶりに絶好のダイビングコンディションの中、

浅礁(アサグリ)へ行ってきました。

 

初めは、西の離れ根に向かって進んでいくとハマチの群れに遭遇!!

 

一回り大きいサイズの群れは見ごたえ十分!!

 

しかもメートル級のヒラマサまで登場し、その周りのイサキの群れも

今シーズン最大級でした。

 

また、秋磯のこの時期、他の魚も型が大きく、スズメダイやマダイは

メーター級、大きなグレの群れやタカノハダイ、キジハタ、スズメダイの群れ、

キンチャクダイなどが見られました。
 
 
ハマチ

 
 
休憩後、2本目は、東のトンネルへ

 

こちらは、南方系の魚が多く、キンギョハナダイ幼魚、ホンソメワケベラ幼魚、

ツノダシ、ミノカサゴ幼魚、ソラスズメダイなどがおり、トンネル内には、

キンチャクダイ、オノミチキサンゴ、タカノハダイ、イシダイ、イシガキダイ、

メバル、カサゴなどが見られました。
 
 
キンギョハナダイ、ホンソメワケベラ、ソラスズメダイ

 
 
ツノダシ

 
 
本日、最後のダイブは今一度、西の離れ根へ

 

イサキの群れや、大型のマダイ、大型のマダイ、大型のグレの群れ、コブダイ幼魚、

タカノハダイ、カサゴ、アオリイカ、シロウミウシ、アオウミウシ、ミヤコウミウシ、

ソラスズメダイなど沢山の魚が見られました。

 

3ダイブともすべて浅礁(アサグリ)の贅沢なダイビングで、参加されたゲストの皆さんも

満足そうにされていました!!
 
 
ミヤコウミウシ↓クリックすると拡大します
ミヤコウミウシ
 
 
オキマツゲ↓クリックすると拡大します
オキマツゲ
 
 
 

2014/10/25(土)音海ビーチダイビング

 

音海ビーチ 水温20℃ 透明度5m 気温25℃

 

今日は、一週間ぶりに音海のビーチダイビングに行ってきました。

 

天候、波のコンディション共に問題なく、ポカポカと温かい1日になりました。

 

砂地の場所にはヒメジやヨメヒメジ、クツワハゼ、キス、ヨメゴチなど、

藻場にはアミメハギ、タツノオトシゴ、ニジギンポ(幼魚)、ホンベラ、

キュウセンの幼魚、カサゴが見られました。

 

その他にも、イシダイ、アジ、メジナ(グレ)、アイゴ、マダイなども見られ

ウミウシはヒロウミウシやシロウミウシ、アオウミウシなどが見られました。

写真や動画が撮れたのをいくつかアップしておきます。

 
 
アミメハギ↓クリックすると拡大します。
アミメハギ

 
 
タツノオトシゴ↓クリックすると拡大します。
タツノオトシゴ
 
 
ヒロウミウシ↓クリックすると拡大します。
ヒロウミウシ
 
 
ヘビギンポ↓クリックすると拡大します。
ヘビギンポ
 
 
ヨウジウオ

 
 

2014/10/12(日) 音海 立礁(タチグリ) 冠島 宮前/瀬先西

 

音海 立礁 水温23℃ 透明度5~10m 気温23℃

冠島 宮前 水温23℃ 透明度15m 気温24℃

冠島 瀬先西 水温23℃ 透明度10~15m 気温24℃

 

本日は、少し風がありましたが、少しうねりがある程度で問題なくダイビングができました。

 

早朝の音海周辺ダイブは、立礁(タチグリ)に行ってきました。

 

透明度が心配でしたが、水深を15m位まで下げていくと透明度が10m位は見えていました。

 

潜行してすぐにハマチの群れに遭遇。 アジ、イサキ、スズメダイの群れや、キジハタ、カサゴ、

キンチャクダイ幼魚、タカノハダイ、コケギンポなどが見られました。

 
 
立礁 コケギンポ

 
 
その後、一旦帰港して、10時30分に冠島へ向けて出港

 

少しうねりがあるものの航行には何ら問題なく冠島に到着

初心者のゲスト様が多かったのでまずは、宮前にエントリー

 

こちらは、水面から透明度が良く、15m位は見えていて台風の影響は感じられません。

 

イサキ、アジ、スズメダイの群れが凄くて、参加されたゲストの皆さんも見とられていました。

 

また、砂地の水辺にはホウボウやサビハゼ、ホシノハゼ、クツワハゼ、

ハオコゼ、ホタツミヘビなどが見られました。
 
 
宮前 アナハゼ ↓クリックすると拡大します。
宮前 アナハゼ

 
 

昼食後、初心者のゲスト様の、ゆっくりのんびり潜れるポイントがいい!!とのご要望で、

久しぶりに瀬先西に行ってきました。

 

こちらは、少し透明度は劣るものの10m~15m位でしょうか?

アイゴの幼魚の群れや、イシダイ、コブダイ、タカノハダイ、ニシキハゼ、サラサエビ、ジョーフィッシュ

などが見られ、ゆっくりのんびりとしたダイビングに初心者のゲストの皆さんも満足そうでした。

 
 
瀬先西 ジョーフィッシュ ↓クリックすると拡大します。
瀬先西 ジョーフィッシュ
 
 
 

2014/10/09(木) 音海ビーチダイビング

 

今日は、兼ねてからの初心者ゲストのご要望で、音海のビーチダイビング

をしてきました。

 

朝のうちは雲が広がっていましたが、時間が経つにつれ、青空も広がり

絶好のダイビング日和になりました。

 

水中はアイゴの幼魚、ニジギンポ、マダイ、スズメダイ、ベラなど

可愛いお魚さん達が沢山みられました。

 

前回、エビクラゲの動画をアップ致しましたが、今回は、ギンカクラゲの写真をアップします。

 
音海 ギンカクラゲ ↓画像をクリックすると拡大します。
ギンカクラゲ

 
音海 ギンカクラゲ 下から ↓画像をクリックすると拡大します。
ギンカクラゲ下から

 

このギンカクラゲ(銀貨海月)は漂っている姿がまるで銀貨のように見えるため、

ギンカ(銀貨) クラゲ(海月)と名付けられました。

 

一見、どこにでも居そうなクラゲですが、暖かい海に生息し、

日本でも黒潮が流れる地域で多く見られるそうですが、、、何故?日本海へ?

これも台風の影響でしょうか??
 
 

 

2014/10/05(日)音海ビーチダイビング

 

本日は台風18号の影響で冠島のボートダイビングから

急遽、音海のビーチダイビングを行いました。

 

 

湾内は、ほんの少しうねりが入ってきたかな?と

言う程度で、問題なくダイビングが出来ました。

 

エントリーして、水深を取っていくと海藻に擬態した

タツノオトシゴを発見。

参加されたゲストの皆さんも写真や動画を撮影されていました。
 
 
音海 タツノオトシゴ ↓画像をクリックすると拡大します。
音海 タツノオトシゴ

 
 
音海 タツノオトシゴ

 
 

その他、キジハタ、キュウセン、アイゴ、ネズミゴチ、カワハギ、メジナ(グレ)

などが見られました。

 

また、今シーズンは何度か確認していたのですが、カメラを持っていなかったので、

撮影できなかったエビクラゲの動画を、今回アップしたいと思います。

ただ、浮遊しているだけの映像ですが、実際はクラゲの傘の部分に極小のエビが

数匹確認できました☆
 
 
音海 エビクラゲ