冠島 新着情報

2014/09/07(日)音海 立礁(タチグリ) 冠島 マンフェイス/宮前(ミヤマエ)

 

音海 立礁(タチグリ) 気温28℃ 水温25℃ 透明度8m

冠島 マンフェイス 気温28℃ 水温25~26℃ 透明度20m

冠島 宮前(ミヤマエ) 気温28℃ 水温25~26℃ 透明度15~20m

 

昨日に比べかなり濁り水が入ってきたせいか、早朝の音海 立礁(タチグリ)

は透明度8m位にまで下がっていました。

 

しかしながら水中は、アジの群れが非常に多くそれを狙って

アオリイカがたくさんやって来ていました。

 
音海 立礁(タチグリ)アオリイカの群れ

 

10時40分に今度は冠島へ向けて出港!!

 

出港してすぐはやはり濁りが多く水面が白かったですが、

冠島に近づくにつれ徐々に水面の水の色がブルーに!

 

ホっと一息つきながら本日の冠島ダイブはマンフェイスへ

 

アンカーリングして水面にエントリーすると水底が一目瞭然で、

透明度は20m位はありました。

 

回遊魚などは見られませんでしたが小魚が多く、ソラスズメダイ、

スズメダイ幼魚、ヘビギンポの幼魚、ヒメスイ、アナハゼ、アオウミウシ

コモンウミウシなどマクロの被写体が多く、ダイナミックなドロップオフと

透明度の良さにゲストの皆さんも大喜びされていました!!

 
マンフェイス コケギンポ 画像をクリックすると拡大します。
マンフェイス コケギンポ

 
マンフェイス コケギンポ2 画像をクリックすると拡大します。
マンフェイス コケギンポ2

 

島影で休憩後、最後は久しぶりの宮前に行ってきました☆

 

こちらも綺麗に水底が見えるほどで透明度は15~20m位ありました。

 

それよりもゲストの方に喜んでいただけたのはエントリーして

すぐにイサキの大群が帯状に泳いでいく中、カンパチの群れがアタック!

同じくらいの大きさがあるイサキに果敢に挑んでいくシーンが迫力あります。

 

また、水底にはアメフラシが!っと思った瞬間に泳いで移動する

シーンを動画で撮影したり、チャガラやスズメダイにアタックする

アオリイカの群れのシーンなど暑い戦いが繰り広げられていました。

 
宮前(ミヤマエ)カンパチの群れ

 
宮前(ミヤマエ)アメフラシの遊泳

 
 

⇒ 新着情報一覧