冠島 新着情報

oka

2014年9月20日

 

音海 小山礁(コヤマグリ) 気温28℃ 水温25℃ 透明度10m

冠島 宮前 気温28℃ 水温25℃ 透明度20m

冠島 宮前南 気温28℃ 水温25~26℃ 透明度20m

 

本日は、少し風が強かったのですが、音海の早朝ダイビングは小山礁(コヤマグリ)

に行ってきました。

 

水面は少し濁りが入っていましたが、水深をとっていくと10m位は見えていました。

 

根の廻りには、今日もアジが非常に多く、その他にも、スズメダイやカワハギ、

イシダイ、メジナ(グレ)、タカノハダイなどが見られました。

 

途中で何度かハマチの群れや大型のヒラマサがアジを狩るシーンがあり、

大変、見どころがありました。

ただ、非常に移動が速く写真や動画に収めることができませんでした。

 

しかし、岩の隙間にマダコの産卵、抱卵を発見しましたので掲載いたします。

大変、興味深いです。
 
 
音海 小山礁(コヤマグリ)タコの抱卵

 
 
続いて10時30分に冠島に向けて出港です!

 

冠島までの道中は少し風波が出ていましたが冠島の島影に入ってしまえば、

非常に穏やかなものでした。

 

宮前では、アジの群れや、イサキの群れが非常に多かったです!

その他にも、チャガラやカサゴ、イシダイ、メジナ、スズメダイの群れなどが多く

私たちを楽しませてくれます☆
 
 
宮前 アジの群れ

 
 
宮前 イサキの群れ

 
 
また、水面付近では、カンパチがアジやスズメダイを追いかける

シーンが見られました。

 

休憩後、宮前の南の方に潜ってみました。

 

こちらでは、カンパチがアジを狩るシーン、アオリイカがスズメダイを襲うシーンなど

色んな水中生物の一面が見られて、ゲストの皆さんも喜ばれていました。

 
 
宮前南 カンパチのアタックシーン

 
 
 

⇒ 新着情報一覧