月別アーカイブ: 2015年4月

2015/04/16(日)にぎやか!!

 

気温22℃ 水温14℃ 透明度8m~10m

 

2、3日前から天候も海況も安定し絶好のダイビング日和が続いています。

 

今日も音海でビーチダイビングをしてきました。

 

お目当ては、ダンゴウオ!

この時期、限定の生物なので参加いただいた皆さん全員が

観察できるように配慮

天使の輪のニモダンゴや赤ダンゴなどが観察できました。

 

また、そのほかにも以下のお魚さんを観察できました(^^)/

 

カレイの幼魚、サンゴダツの子供、クツワハゼ、カワハギの幼魚、

ホシノハゼの婚姻色、メバル幼魚、キヌバリ、チャガラ、スナイソギンチャク、

ウミエラ、ユキミノガイ、マヒトデ、イトマキヒトデ、アメフラシ、ヒカリウミウシ、

カラスキセワタガイ、エムラミノウミウシ、ヒロウミウシ、ウミコチョウの仲間

 

 
サンゴダツの仲間↓クリックすると拡大します。
サンゴダツの子供

 

 
ホシノハゼ(婚姻色)↓クリックすると拡大します。
ホシノハゼ(婚姻色)

 
ユキミノガイ↓クリックすると拡大します。

 
ヒカリウミウシ↓クリックすると拡大します。
ヒカリウミウシ

 

ウミコチョウの仲間↓クリックすると拡大します。
ウミコチョウの仲間

 

 

2015/04/12(日)透明度良好!!

 

気温18℃ 水温12.5℃ 透明度10~15m

 

最近、ダンゴウオの情報ばかりなので、本日は湾内にて見られる生物を

中心に探してきました。

 

まずアユカワウミコチョウの遊泳シーンを撮影してきました!

体長は5ミリほどの個体でユニークな泳ぎを披露してくれました。

 

 
アユカワウミコチョウの遊泳

 

 
アユカワウミコチョウ↓クリックすると拡大します。
アユカワウミコチョウ

 

 

ここ音海で見られるのは珍しいウミウシです。

ヤマトウミウシ、ヒロウミウシ、クロシタナシウミウシ、キンセンウミウシ、エムラミノウミウシ、

アカエラミノウミウシなど多くのウミウシが観察できます。

 

 
ヒロウミウシ↓クリックすると拡大します。
ヒロウミウシ

 
ヤマトウミウシ↓クリックすると拡大します。
ヤマトウミウシ

 

 

魚類では、カレイや孵化して少し経ったカレイの幼魚、サンゴダツ、

アナハゼ、トラギス、メバル、チャガラやキヌバリの幼魚、カワハギ、

クツワハゼの幼魚、キュウセン、スズメダイなども見られます。

 

ここ数日の間は大量のイカナゴが湾内に入ってきていて群れも大きいので、

ダイビング中に遭遇すると非常に気持ちいいです。

 
 
イカナゴの群れ

 
 
その他、スナイソギンチャク、ヒトデ各種、ナマコやナマコの子供などたくさんの

生物でにぎわってきました。

 

海藻を探すと依然、ヒメイカが多く見つかりますし、昼夜問わずミミイカの観察なども

出来てとても満足なダイビングが出来ました。

 

 
ヒメイカ↓クリックすると拡大します。
ヒメイカ

 

 

なにより濁りがなくなった音海は只今、抜群の透明度です!!

 

 

2015/04/11(土) 三色ダンゴ??

 

気温9℃ 水温12.5℃ 透明度5~8m

 

本日もダンゴウオ狙いでビーチダイビングをしてきました。

 

昨日の予報では波無の絶好のダイビングコンディションと
思っていたのですが、朝から北寄りの風が次第に強くなってきて
少し荒れ気味となりました。

 

しかし、ダンゴウオを一目見てみたいとのご要望があり
気合いを入れて探しに行きました。

 

つい先日までは、水底のウチワに付いていたダンゴウオの幼魚が
たくさんいたので本日もすぐに見つかると思っていたのですが、
探せど探せど見つからず10分経過、15分経過と時間が経つにつれ
だんだん焦りが出てきました。

 

ひょっとして??と思いつつエツキイワノカワのある岩場に向かい
まずはヤリイカの卵を見てもらい周辺を探してみると、、、
いました!!
クロメの上に緑が綺麗なダンゴウオの幼魚を発見!!

 
ダンゴウオの幼魚↓クリックすると拡大します。
ダンゴウオの幼魚

 

ゲストの方に写真を撮っていただいている間にクロメを探してみると

またまた、発見!

さらにエツキイワノカワを探すと今度は茶色の天使の輪が消えかけた

ダンゴウオの幼魚、さらには赤ダンゴとその後も何個体かみつけられて

何とか期待に応えることが出来ました☆

 
ダンゴウオの幼魚2↓クリックすると拡大します。
ダンゴウオの幼魚2

 

予想より小さなダンゴウオにゲストも驚きの様子でしたがしっかりと

撮影されて1ダイブ目終了。

 

午後からはゆっくり湾内でダイビング、ウミエラ、スナイソギンチャク、
カサゴ、ギンポ、カレイ、トビヌメリ、カワハギ、サンゴダツ、マダコ、
アカエラミノウミウシ、キンセンウミウシ、クロシタナシウミウシ、
ヒカリウミウシなど沢山の生物を撮影されていました(^^♪

 
ギンポ↓クリックすると拡大します。
ギンポ

 
キンセンウミウシ↓クリックすると拡大します。
キンセンウミウシ

 
マヒトデとマダコ↓クリックすると拡大します。
マヒトデとマダコ

 

 

2015/04/08(水) 寒のもどり?

 

スロープ前 気温8℃ 水温13℃ 透明度3~8m

 

本日は、朝から曇り空で気温も低く海況は荒れ模様でした。

 

本日、ダンゴウオ狙いでご参加いただいたゲストと一緒にいつものポイントに

行きたかったのですが、沿岸にも波が打ち寄せエントリーポイントもすごい状況で入れず!!

 

仕方なく少し離れた波の少ないポイントを散策してみたのですが、うねりも大きくクロメやウチワ

などの海藻も大揺れの状態で、ダンゴウオの幼魚も発見することがでくずに1ダイブ目を終えました。

 

時間をおいて波が治まるのを待っていたのですが一向に回復しなかったので2ダイブ目からは

あえなくスロープ前にポイントを変更して潜りました。

 

湾内の方が濁りもなくなり透明度も良い感じになっていました。

 

見られた生物は、スナイソギンチャク、ウミサボテン、マヒトデ、ニホンヒトデ、イトマキヒトデ、

ヒメイカ、ギンポ、クツワハゼ、アナハゼ、アイナメ、カレイ、カワハギ、チャガラ、サンゴダツ、

イカナゴ群れ

 
アイナメ↓クリックすると拡大します。
アイナメ

 
アナハゼ↓クリックすると拡大します。
アナハゼ

 
サンゴダツ↓クリックすると拡大します。
サンゴダツ

 

ウミウシはミヤコウミウシ、クロシタナシウミウシ、ミノウミウシなどが見られました。

 
ミヤコウミウシ↓クリックすると拡大します。
ミヤコウミウシ

 

特に小さなアナハゼがカレイの幼魚を捕食するシーンなど見どころ満載なダイビングを

楽しむことができました(^^)/

 
アナハゼのカレイ捕食シーン↓クリックすると拡大します。
アナハゼのカレイ捕食シーン

 

 

 

2015/03/31(日) ギンポの幼魚

 

気温23℃ 水温13℃ 透明度3~5m

 

今日は、昨日に続き、朝から快晴で、ぐんぐん気温も上がって

熱いくらいの日差しでした。

 

2日連続のダイビングになりましたが、今日は、湾内のスロープ前を

重点に散策したところたくさんのギンポに出会いました。

 
ギンポ↓クリックすると拡大します。
ギンポ

 
ギンポ幼魚↓クリックすると拡大します。
ギンポ幼魚

 

大きいものでは20センチくらいのものからまだ模様が現れていない、

数センチくらいの幼魚まで10個体くらい見れました。

 

また、海藻の陰にヒメイカやタツノオトシゴ、サンゴダツなども多く、

砂地にはカレイやコチなどが多くみられました。