月別アーカイブ: 2015年6月

2015/06/27(土)音海へてがさきビーチ

 

気温23℃ 水温20℃ 透明度5m

 

本日は、海況不安定なため、冠島ボートダイビングを音海のへてがさきビーチに

変更してダイビングを楽しんで来ました。

 

湾内は、波もなく問題なく潜れました。

へてがさきのビーチを潜降して初めにシロウミウシやクロシタナシウミウシ、

キヌハダウミウシ、アオウミウシ、コモンウミウシ、ヤマトウミウシなどが

見れました。

 

そして、砂地に移動していくと なんと、サカタザメを発見。

すかさずゲストの皆さんと動画や静止画で撮影開始。

じっくり観察できました。

 
 
以前から何度かサカタザメは確認していましたが いつもカメラを

持って入らずで動画や静止画が取れずに悔やんでいましたが

今回は撮影成功しましたのでアップしておきます。
 
 
音海 サカタザメ ↓クリックすると拡大します。
サカタザメ

 
 
音海 サカタザメ2 ↓クリックすると拡大します。
サカタザメ2

 
 
音海 サカタザメ

 
 

その後、休憩して今度はスロープ前にダイビング。

ホウボウやタツノオトシゴ、アユカワウミコチョウ、イシダイ、

スズメダイ、ヒメジ、ハゼ、カワハギ、ヘビギンポ、その他

ウミウシもたくさん見れました。

 
 
音海 ホウボウ

 
 

音海 タツノオトシゴ ↓クリックすると拡大します。
タツノオトシゴ

 
 
音海 アユカワウミコチョウ ↓クリックすると拡大します。
アユカワウミコチョウ

 
 

アカクラゲに共生している魚、アオリイカやコウイカなどたくさん生物が見れて

参加されたゲストの方も満足そうでした。

 
 
音海 アカクラゲと魚の共生

 
 
来週は海況も良くなっていくみたいなので 浅礁(アサグリ)冠島方面に
出かける予定です。

 
 

どちらのポイントも只今、魚影は多く回遊魚やウミウシ、その他 珍しい生物も

見られるので是非、遊びに来てください。

 

 

2015/06/25(日)音海ビーチ

 

水温20℃~21℃  透明度5m

 

本日も非常にお天気のいい穏やかな一日になりました。

昨日に引き続いて音海のビーチダイビングをしてきました。

 

今日もウミウシをメインに生物を観察してきました。

 

初めにウミウシでは キヌハダウミウシ、クロシタナシウミウシ、

シロウミウシ、コモンウミウシ、ヤマトウミウシ、ヒラムシ、アオウミウシ

などが見れました。
 
 

音海 キヌハダウミウシ ↓クリックすると拡大します。
キヌハダウミウシ

 
 

音海 アカボシウミウシ ↓クリックすると拡大します。
アカボシウミウシ

 
 

また、超極小のタツノオトシゴ&サンゴダツやホタテウミヘビ、

ホウボウ、ヨウジウオ、スズメダイ、イシダイ、マダイ、キュウセン、

ヨメゴチ、カレイ、キス、アカエイ、メバル、アジ などが見られました。

特にタツノオトシゴは小さくて可愛かったです。

 
 
音海 極小タツノオトシゴ

 
 

少し透明度は落ちるものの生物のバラエティは最高に多くなってきた音海の

ビーチダイビングでした。

 
 

2015/06/24(土)音海ビーチ

 

水温20℃~21℃ 透明度5m

 

本日は、波もなく快晴の一日となり、音海でビーチダイビングをしてきました。

 

はじめに、潜降してすぐにイシダイの幼魚に遭遇し、その他スズメダイやアイナメ、

カサゴ、チャガラ、キヌバリ、カレイ、カワハギ、タカノハダイなどがいました。

 

また、なぜかこの時期、ウミシダが多くじっくり観察しているとダンスを

踊っているかのようにみえて可愛らしかったです。

 
 
音海 ウミシダのダンス

 
 

またウミウシも沢山おり、シロウミウシ、アオウミウシ、クロシタナシウミウシ、

コモンウミウシ、キヌハダウミウシの産卵、ヤマトウミウシ、ヒラムシ、

アカボシウミウシなどが見られました。
 
 
音海 コモンウミウシ ↓クリックすると拡大します。
コモンウミウシ
 
 
音海 キヌハダウミウシ産卵

 
 
音海 ヒラムシ

 
 
初物としてはシンコ(アオリイカの子供)やコウイカなども多くなってきました。

 

また、小さなキヌハダウミウシが自分より大きなクロシタナシウミウシを

捕食しているシーンを見てゲストの方もびっくりされている様子でした。
 

 
音海 キヌハダウミウシホショクシーン

 

 

2015/06/21(日)音海 灯台下/浅座(アサグリ)離れ根 トンネル

 

1本目 音海・灯台下 水温22℃ 透明度5~8m

2本目 浅礁(アサグリ) 離れ根 水温21℃ 透明度15~20m

3本目 浅礁(アサグリ) トンネル 水温21℃ 透明度15~20m

 

今日は、夜明けまでは雷雨でしたが、早朝のダイビング時には、

ほとんど雨が止んでいました。

 

1本目は音海の灯台下に潜りましたが、少し濁りが出ていました。

それでも、潜降していくと、少しずつ透明度も良くなり、水中では

イシダイ、アジ、カサゴ、コケギンポなど多くの魚が見られました。

ウミウシも、シロウミウシ、クロシタナシウミウシ、アオウミウシを

観察することが出来ました。

 

一旦、帰港後、10時30分に今度は浅礁に出発です。

所々にオオミズナギドリが水面に浮かんで休憩をしていました。

 

ポイントに到着すると、船上からでも海の青さがすぐにわかるほど

で、根の上の地形が良く見えるくらい水が澄み切っていて、ゲストの

方々のテンションも上がってきました!

 

素早く用意をして潜降していくとすぐにカゴカキダイを発見!

 
 
浅座(アサグリ)離れ根 カゴカキダイ

 
 

この時期の日本海、しかも浅礁(アサグリ)にカゴカキダイが見られるのは

珍しいのですが、トータルで4個体ほど見ることができました。

 

他にはハコフグ、オコゼ、イサキの群れ、メジナ(グレ)の群れ、タカノハダイ、

メバル、コケギンポ、イシダイ、キジハタなどなど多くのお魚さんが見られました。

 
 
浅座(アサグリ)離れ根 オコゼ

 
 
浅座(アサグリ)離れ根 スズメダイとイサキの群れ

 
 
浅座(アサグリ)離れ根 ハダカギンポ↓クリックすると拡大します。
ハダカギンポ

 
 

特に目についたのは水温が上がったせいか、早くもスズメダイの産卵が始まり、

水底のフジツボの上に綺麗なスズメダイの卵が産みつけられていました(^^♪

 
 
スズメダイの卵
 
 

休憩後、今度はトンネルに向かって移動。

イサキやメジナ(グレ)の群れが多くゲストの周りを囲んでくれます。

 

トンネルまで行くと、そこにはまたひとまわり大きくなったオノミチキサンゴが!

ゲストの方も思わず水中でワオーっと叫んでおられました(笑)

 

帰りにハマチが単独で泳いでいましたが群れの登場とまではいかず、、、

 

しかしながら凪の海況と透明度が良かったのでゲストの皆様も

満足そうでした(*^-^*)

 

 

2015/06/17(木)エイ・回遊魚!!

 

1本目 音海 灯台下 水温20℃ 透明度5m

2本目 冠島 宮前 水温20℃ 透明度10m

3本目 冠島 立神礁(タチガミグリ) 水温20℃ 透明度15m

 

本日は、海況、天気共に良く、久しぶりに絶好のコンディションに

なりました。

 

本日の早朝ダイブは、音海の灯台下に潜ってきました。

 

ここ最近の梅雨の雨のせいか、水深5m辺りまで水潮がありましたが、

それを超えて10m位から透明度もましになってきました。

 

水の中では突然、エイを発見。

大きさは1mは超えていたと思います。

すかさずゲストの方と追いかけるも深みに消えてゆき、透明度のせいもあって

画像に収めることができませんでした。

(その後も、何度か巨大なエイを発見するも、上手く画像に収められず、、、残念です。)

 

1本目が終わった後、一度帰港し、10時に冠島へ向けて出港しました。

 

まずは、宮前へエントリーしてすぐに砂地に着くと、

先週から確認している、アカエイに遭遇。

ゲストの皆様はすかさず撮影されていました。

 

今年の宮前はアカエイの子供が非常に多く、今日も1ダイブで、

10個体ぐらい確認できました。

 

その他、イサキ、スズメダイ、カサゴ、イシダイ、アジなどが

見られました。

 

エキジット前に何やらダイビングベルの音が騒がしかったのですが、

もう一方のチームはゲストを連れて全員がヒラマサの群れを見て

楽しんでいました☆

 

昼食後、一人ゲストに回遊魚をお見せすることができなかった

プレッシャーを感じながら今度は立神礁(タチガミグリ)にエントリーしました。

 

ほんの少し流れはあるものの潮上に泳いでいくとイサキの群れが出迎えて

くれました。 なかなか見ごたえありです。

 
 
立神礁(タチガミグリ)イサキの群れ

 
 

さらに、イサキを撮影されているゲストの方を横目にドロップの先に

目を見据え北に進んでいくと、、、、来ました~(^^♪

ハマチの群れの登場です!

 
 
立神礁(タチガミグリ)ハマチの群れ

 
 

短い時間でしたが、しばらくゲストの目の前をいったりきたりしてくれて、

皆さんも動画や写真を撮影することができました。

 

その他、コブダイの群れ、大きなオコゼ、コケギンポ、ミヤコウミウシ、

ウミタナゴ、マダコ、シロウミウシ、カサゴ、メジナなどを見ることができました。

 
 
立神礁(タチガミグリ)ヘビギンポ ↓クリックすると拡大します。
ヘビギンポ

 
 
立神礁(タチガミグリ)コケギンポ ↓クリックすると拡大します。
コケギンポ

 
 

今回、ご参加いただいたゲストの方々も大物からマクロまで被写体には

困ることなく大変喜んでいただけました。

 

今後も回遊魚、エイ、ウミウシ、小物と被写体は色々とございますので

是非!遊びに来てくださいね!!