月別アーカイブ: 2015年7月

2015/07/19(土) 音海(オトミ)灯台下/浅礁(アサグリ)離れ根 トンネル

 

1本目 音海 灯台下(トウダイシタ) 水温22℃ 透明度10m

2本目 浅礁(アサグリ)離れ根   水温22℃ 透明度15m

3本目 浅礁(アサグリ)トンネル  水温22℃ 透明度15m

 

 

ようやく台風も通過し、夏本番になったような強い日差しの1日となりました。

海況はほぼ波もなく、コンディションは上々でした!!

 

本日のゲストの方々は初心者の方が多く、練習がてら音海の灯台下に潜ってきました。

皆さん初めは緊張気味の方もいらっしゃいましたが、潜降して生物を見るにつれ

徐々に慣れてこられました。

生物はコケギンポやアジ、ウマズラカワハギ、グレ(メジナ)、イサキの群れや

大きなコブダイもいました!!

 

その後帰港して、定刻10時30分に今度は浅礁(アサグリ)に向かって出航!!

到着後少し水面に流れはありましが、はじめに練習した成果がでたのか

皆さんリラックスして潜っておられました。

また、台風の影響を気にしていたのですが、

透明度も15日水曜日よりも、一段と透明度が良くなっていました。

 

エントリーしてすぐにグレの群れに遭遇!

イサキやアジの群れを観察していると15日に見たエイに遭遇!!

ゆっくり差を詰めていくと、今度はハマチの群れが登場!!

皆さんとっても喜んでおられました。

 
 
音海 エイ

 
 
音海 エイ ハマチ

 

その後休憩して再びエントリー

トンネルの中のオノミチキサンゴを見たのち、カゴカキダイ、シロウミウシ、アオウミウシ、コケギンポ、

スズメダイの抱卵シーンを観察した後、エキジット!!

最後はまったりとしたダイビングになりました。

 
 
音海 スズメダイホウラン ↓クリックすると拡大します。
スズメダイホウラン

 
 
音海 スズメダイタマゴ ↓クリックすると拡大します。
スズメダイタマゴ

 
 
音海 カゴカキダイ

 

 

 

 

2015/07/15(水) 音海(オトミ)小山礁/浅礁(アサグリ)西の離れ根 東のトンネル

 

1本目 音海 小山礁(コヤマグリ)  水温22℃ 透明度5~10m

2本目 浅礁(アサグリ)西の離れ根  水温22℃ 透明度8~10m

3本目 浅礁(アサグリ)東のトンネル 水温22℃ 透明度8~10m

 

本日は台風の影響も心配されましたが、1日中穏やかで天候は快晴!!

波もべた凪状態の絶好のコンディションでした。
 
 
本日の音海早朝ダイブは小山礁(コヤマグリ)に行きました。

海況、天候はほぼ完璧と言っていいほどのコンディションなのですが・・・

水面の透明度が今一つスッキリしません。

 

潜降してすぐにウマズラハギの群れ、グレ、イサキ、マダイの群れに遭遇!!

皆さん写真撮影を済ませて根の浅瀬へ・・・

ここには愛嬌のあるコケギンポも多く、ゲストの皆さんも静止画や動画を堪能されていました。

 
 
音海 コケギンポ↓クリックすると拡大します。
コケギンポ

 

 
その後、浅礁(アサグリ)へ

初めに向かったのは西の離れ根です。

透明度は水面で5m位ですが、水深15mあたりだと10m位でしょうか??

浮遊物が多く、今一つパッとしませんがイサキの群れやアジの群れが慌ただしい・・・

その動きに目を凝らすと・・・かすかにハマチの群れ

少しづつ近寄るものの群れが離れやすく、動画には上手く収められず・・・

その後移動を続けると、な、なんと!!

2メートル近いエイが!!!

慌ててカメラを起動するも時すでに遅し・・・

深みに消えて行くものの、その後ろに同じ大きさのエイが!!

また慌てて動画を撮るものの、透明度が悪く

こちらもうっすらとしか写っていませんでした。

 
 
音海 ハマチ

 
音海 ハマチ2

 
音海 エイ

 

その後、浅瀬でウミウシやハダカギンポなどの撮影をして浮上。

ゲストの皆さんも、すごかったー!!と喜んでおられました。

 
 
音海 ハダカギンポ ↓クリックすると拡大します。
ハダカギンポ

 

 

休憩後はまったりと東のトンネルへ

オノミチキサンゴを見て、スズメダイの産卵何処で卵の撮影!!

もうすぐハッチアウトか??

稚魚の目がだいぶわかるようになってきました。

 
 
音海 スズメダイタマゴ ↓クリックすると拡大します。
スズメダイタマゴ

 

 

その後は浅瀬でイサキの群れや、カゴカキダイなどを見て喜んでおられました!!

 
 
音海 カゴカキダイ

 

 

 

2015/07/12(日)  音海(オトミ)灯台下/冠島 ナガシタグリ 宮前

1本目 音海 灯台下(トウダイシタ) 水温23℃ 透明度10m

2本目 冠島 ナガシタグリ      水温22℃ 透明度10~13m

3本目 冠島 ミヤマエ        水温22℃ 透明度10~15m

 

昨日同様、台風の影響もなく非常に良いコンディションになりました。

本日の音海早朝ダイビングは灯台下に潜りました!!

 

水面の透明度は余りよくありませんでしたが、水深が深くなると10mぐらいは見えていました。

生物はスズメダイやイシダイ、アジ、カサゴ、キュウセン、キジハタ、タカノハダイなどがいました。

また、ウマズラハギの群れや、コケギンポなどが見られました。

 
 
音海 ウマズラハギ

 

その後帰港して、定刻10時30分に冠島へ出航!!

今日もほぼ、べた凪のコンディション!!ながら水面には少し濁りが・・・

冠島へ進むにつれ、次第に水面の透明度も良くなってきました。

 

今日の1本目はナガシタグリ。

エントリーすると初めにイサキの群れ、アジ、ヒラメ、スズメダイ、チャガラなどが見れました。

ウミウシではアカボシウミウシ、ミヤコウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシなどが見れました。

 
 
音海 アカボシウミウシ↓クリックすると拡大します。
アカボシウミウシ

 

 

休憩後、今度は久しぶりに宮前に!!

ここでもイサキ、アジ、チャガラ、ヘビギンポ、カサゴ、メバル、スズメダイなどが見れました。

 
 
音海 チャガラ ↓クリックすると拡大します。
チャガラ

 
 
音海 カサゴ ↓クリックすると拡大します。
カサゴ

 

 
音海 イサキ

 

特に面白かったのは、ダイビング終了時に大鯛が登場!!

体長は70~80cm位の鯛がベラをコバンザメの様に連れて泳いでいました。

最後に大物が見れ、ゲストの皆さんも満足そうにしておられました。
 
 
 

2015/07/11(土)音海(オトミ)立礁/冠島 立神礁 中津神礁

 

1本目 音海 立礁(タチグリ) 水温23℃ 透明度10m

2本目 冠島 立神礁(タチガミグリ) 水温22℃ 透明度10~13m

3本目 冠島 中津神礁(ナカツガミグリ) 水温22℃ 透明度10~15m

4本目 音海 スロープ前    水温23℃ 透明度5~8m

 

本日は、台風の影響など全く感じられないベストなコンディションでした。

気温もかなり高く、日中は33℃まで上昇!!

夏本番さながらの1日となりました。

 

初めに早朝の音海ボートは立礁(タチグリ)へ・・・

海況や天候のコンディションは最高なのですが、透明度がスッキリしない感じです。

水面はぼんやり濁りが入っていて、それなりの水深になると10m位の透明度です。

 

生物はスズメダイ、オコゼ、イサキ、グレ(メジナ)の群れが多く、

ときよりカゴカキダイが単体で見れます。

 

 

音海 オコゼ ↓クリックすると拡大します。
オコゼ
 
 
音海  グレ イサキ

その他カサゴや、アナハゼ、キュウセン、ササノハベラなどが目につきます。

ウミウシはアオウミウシ、シロウミウシ、アカボシウミウシなどが見れました。

 

その後、帰港して冠島へ!!

冠島の1本目は立神礁(タチガミグリ)へ

こちらも水面はハッキリしていません・・・

ただ、水深を深めに取って行くと、10~15mまでと言ったところでしょうか??

魚影は濃く、アジの群れやイサキの群れ

群れ自体は大きくないですが、ハマチの群れ、グレ(メジナ)の群れなどが見られます。

 

その他、今年冠島のポイントで多く目につくのがマダイ(大鯛)です!

何やらアジの群れを狙っているのか、根の浅瀬にまで姿を現します。

体長は大きなもので80cmくらいでしょうか??

わりと近くにまで寄ってくるので見応えは十分です!!

ゲストの皆さんも喜んで撮影しておられました。

 

休憩後、午後からは久しぶりに中津神礁(ナカツガミグリ)へ・・・

エントリーするとやはりここも魚影は濃く、大小のイサキの群れが延々と続きます。

東の東側はグレやキジハタ、イサキ、アジ、ハマチ(単体)が見れました。

全体的には魚影は濃いですが、少々濁りが気になるところです。

 

本日は、ナイトダイビングをご希望のゲスト様がおられたので、ご一緒にスロープ前に潜って来ました。

チビタツノオトシゴ、ホウボウ、タツノオトシゴ、コチ、サヨリ??の子供、

マダイ、マダコ、ヒメイカなどが見れました。
 
 
音海 タツノオトシゴ↓クリックすると拡大します。
タツノオトシゴ
 
 
音海 ホウボウ ↓クリックすると拡大します。
ホウボウ
 
 
音海 サヨリノコドモ ↓クリックすると拡大します。
サヨリノコドモ
 
 
音海 ヒメイカ ↓クリックすると拡大します。
ヒメイカ

 

 

2015年7月7日(火)音海スロープ前

 
気温24℃ 水温22℃ 透明度3~5m

 

本日は、朝から曇りがちでちらほら雨がぱらつく寒い一日になりました。
しかし、海況はべた凧の最高なコンディション。
早速、ゲストの皆さんとスロープ前にてビーチダイビングを行いました。

 

本日のお目当ては、超極小のタツノオトシゴ、つい最近産まれたばかりの
タツノオトシゴで体長は約5mmほど、、、しかしながら体つきは
タツノオトシゴそのものです。

 

一丁前に海藻に尾っぽを巻きつけている所なんかは、一人前です。

 
 
音海 タツノオトシゴ 1 ↓クリックすると拡大します。
タツノオトシゴ 1

 
 
音海 タツノオトシゴ2 ↓クリックすると拡大します。
タツノオトシゴ 2

 
 
音海 タツノオトシゴ 3 ↓クリックすると拡大します。
タツノオトシゴ 3

 
 
音海 タツノオトシゴ

 
 
ゲストの皆さんとみんなでじっくり構えて撮影会。
ただ、あまりに小さいのとチョロチョロと動くので
コンデジではピントが合わず、、、
 

やっとピント合わせができたと思いきやベラの泳ぎで
チビタツノオトシゴが巻き上げられて液晶画面から
消えるなどで撮影困難で皆さん四苦八苦されていました(笑)
 

アップした動画はタツノオトシゴですが比較対象に一円玉を
背後に置いて撮影しました(笑)
 

その他、シロウミウシ、ホウボウ、タツノオトシゴ6個体、
クロシタナシウミウシメバル、ヘビギンポなどが見れました。

 
 
音海 シロウミウシ↓クリックすると拡大します。
シロウミウシ