月別アーカイブ: 2015年8月

2015/08/30(日)音海 立礁(タチグリ)/千島(チシマ) 御神島(オガミジマ)

音海 立礁(タチグリ) 気温28℃ 水温25℃ 透明度15~20m

千島(チシマ) 気温27℃ 水温25℃ 透明度15m

御神島(オガミジマ) 気温27℃ 水温25℃ 透明度15m

 

 

本日は、朝から曇りがちで、所々小雨がパラつく天気となりましたが、

海況は安定、穏やかな海でした。

 

 

早朝の音海、ボートダイビングは立礁(タチグリ)へ行きました。

まだまだ水面から立礁(タチグリ)根の全体が見えるほど

透明度は安定していました。

 

 

エントリーすると、水面近くにスズメダイの群れがたくさんいました。

その他、アジの群れ、イサキの群れ、メジナ(グレ)の群れが目立ちます。

 

 

ウミウシもシロウミウシ、アオウミウシなどが見られたほか、

浅瀬の安全停止中には、いろんなカラーバリエーションのコケギンポが

見られました。

 
 
音海 立礁(タチグリ) コケギンポ ↓クリックすると拡大します。
コケギンポ

 

 

帰港後、10時30分に本日は、常神半島沖の千鳥、御神島に出航!

 

かねてからのゲスト様のリクエストで御神島・世久見海中公園の

千島・御神島に行きました。

 

 

はじめは、千鳥にエントリーしました。

ここは水深50m~立ち上がったドロップオフの地形が見どころです。

 

浅瀬付近は一部オーバーハングになっていて透明度の良かった本日は

見どころ抜群です。

 

周りには、スズメダイやアジの群れ、イサキ、3チームで分かれて潜った内の

2チームはハマチの群れに囲まれて興奮気味です。

 

 

その他、80㎝級のコブダイなども見れてゲストの皆さんも満足そうでした。

 

 

休憩後、今度は御神島(オンガミジマ)に行きました。

こちらもエントリー早々、3チームがハマチの群れに遭遇!

 

アッという間の大群移動でしたので動画や画像に収めるには

至りませんでした。(残念)

 

その他、中型のコブダイが3匹、コケギンポ、カサゴ、アナハゼ、

ヒメギンポ、イシダイ、イチモンジハゼ、安全停止中はアオリイカの群れ

などを見てゲストの皆さんは楽しんでおられました。

 
 
御神島(オガミジマ) ヒメギンポ ↓クリックすると拡大します。

ヒメギンポ
御神島(オガミジマ) イチモンジハゼ ↓クリックすると拡大します。
 
 

イチモンジハゼ
 
 

御神島(オガミジマ) アオリイカの群れ 

 
 

2015/08/29(土)音海 立礁(タチグリ)/冠島 立神礁(タチガミグリ)大礁(オオグリ)

音海 立礁(タチグリ) 気温28℃ 水温25℃ 透明度15~20m

冠島 立神礁(タチガミグリ) 気温27℃ 水温25℃ 透明度15m~20m

冠島 大礁(オオグリ) 気温27℃ 水温25℃ 透明度10m~15m

 
 

本日は、少し雲が目立つものの、波もなく安定した海況の一日になりました。

 

早朝の音海、ボートダイビングは、立礁(タチグリ)にエントリーしてすぐに

アジの群れやイサキの群れ、メジナ(グレ)の群れ、タカノハダイ、イシダイ、

キジハタ、シロウミウシ、アオウミウシ、安全停止中の浅瀬には

いろんなカラーバリエーションのコケギンポがいました。

 

 

帰港後、冠島に出港。

はじめは立神礁(タチガミグリ)にエントリー。

最近、透明度も良く、根の全体が見渡せるほど。

 

こちらもアジの群れや、イサキ、マダイ(大鯛)、メジナ(グレ)、

数匹のハマチなどが見れました。

 

 

休憩後は、大礁(オオグリ)へ。

こちらはエントリーして潜行していくと水底から濁った海水が湧き上がりこんでいて

透明度はよくありませんでしたがさすが大礁(オオグリ)!!

魚影の濃さはすごかったです。

 
 

根の周りには大小さまざまな大きさのイサキの群れ、アジ、メジナ(グレ)、

などがいました。

魚群でダイバーの姿が隠れてしまうほどです。

数は多くはありませんが、ハマチ、ヒラマサなどもちらほら見られました。

 

 

しばらくいろんな魚の群れに囲まれて安全停止中は、根の上でオコゼ、オキマツゲ、

コケギンポなどを撮影。

 
 

珍しい生き物ではハコフグの幼魚やキハッソクなどが見れて

今日も皆さん満足そうにしておられました。

 

 

冠島 大礁(オオグリ) オキマツゲ ↓クリックすると拡大します。
オキマツゲ

 

 

冠島 大礁(オオグリ) オキマツゲ② ↓クリックすると拡大します。
オキマツゲ②

 

 

冠島 大礁(オオグリ)コケギンポ ↓クリックすると拡大します。
コケギンポ

 

 

冠島 大礁(オオグリ) ハコフグ幼魚 ↓クリックすると拡大します。
ハコフグヨウギョ

 

 

 

 
 

2015/08/23(日)音海 灯台下(トウダイシタ)/冠島 宮前(ミヤマエ) 立神礁(タチガミグリ)

1本目 音海 灯台下(トウダイシタ) 水温27℃ 透明度15m

2本目 冠島 宮前(ミヤマエ) 水温26℃ 透明度20~25m

3本目 冠島 立神礁(タチガミグリ) 水温26℃ 透明度15~20m

 

 

本日は晴天になりましたが、昨日同様、少し風が強い一日でした。

今日も早朝の音海ボートダイビングは灯台下へ。
 
 

水面は少し波がありましたが潜降して行くにつれ静かになってきました。

水中はスズメダイ、ヒラメ、イシダイ、キュウセン、タカノハダイ、カサゴなどが

見れました。

 
 
音海 灯台下(トウダイシタ) カサゴ ↓クリックすると拡大します。
カサゴ

 

 

 

帰港後、本日も冠島へ向けて出港!!

2日続けての満船御礼です。
 
 

初めに潜ってポイントは宮前。

エントリーすると、ものすごいアジの群れ。

ポイント一帯に広がるアジは見ごたえ十分。

 

 
 冠島 宮前(ミヤマエ) アジの群れ 

 
 

そこにツバスの群れ、イサキの群れ、チャガラの群れ、アイゴの幼魚の群れ

など、透明度も25m位あって 非常に幻想的で楽しいダイビングになりました。

 
 

冠島 宮前(ミヤマエ) アジの群れとツバスの群れ 

 
 

ゲストの皆さんもすごく楽しそうにしておられました。
 

その後、ポイントを立神礁(タチガミグリ)に移ってエントリー。

透明度こそ15m位でしたが、立神礁(タチガミグリ)も魚影が濃く、イサキ、

スズメダイ、メジナ(グレ)、の群れが見られました。
 

そして、北側の先端付近にさしかかるにつれどんどんアジの群れが多くなってきました。

すると、1匹のハマチがアタックを開始!!
 

2匹目が追走。その2匹が同じ行動を繰り返し、逃げ惑うアジの群れやイサキ、スズメダイの群れ…
 

皆さん注目して捕食行動を見ていたその瞬間、ついに出ました!

ハマチの群れの登場です。

 
 

冠島 立神礁(タチガミグリ) ハマチ 

 
 

あっという間に群れの中に。

今回はかなり近い所まで来てくれました。

 
 

時間も長くはないですが、撮影するには十分な時間があって皆さん満足な

画像や動画が取れました。

エキジット後も、ゲストの方々は少し興奮気味の様子。

全体的に海況は少し波があったものの、水中はみなさん非常に満足しておられた

様子でした。

 
 
 

2015/08/22(土)音海 灯台下(トウダイシタ)/冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) 立神礁(タチガミグリ)

1本目 音海 灯台下(トウダイシタ) 水温27℃ 透明度15m

2本目 冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) 水温26℃ 透明度20m

3本目 冠島 立神礁(タチガミグリ) 水温27℃ 透明度15~20m

 

 

本日は、朝から曇りがちで少し風が強い一日でした。
 

早朝の音海ボートダイビングは立礁(タチグリ)に行って来ました。

水中は意外に透明度も高く、15m位はあったと思います。

また、ハマチやコブダイ(80㎝)、メジナ(グレ)、イシダイ、アジ、カサゴ、スズメダイなどが見れました。
 

帰港後、冠島に出港。

最初にエントリーしたのはチョウベイ礁(チョウベイグリ)。

 
透明度は20m位あったでしょうか??水面は少し波立ち始めていましたが潜ってしまえば穏やかで

流れもなく、イサキの群れや、アジの群れ、メジナ(グレ)の群れや、タカノハダイ、キンチャクダイ、

カサゴ、キュウセン、オハグロベラ、コケギンポ、オキマツゲ、オコゼなど、そして1m級のエイが!!

 

 

冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) オキマツゲ ↓クリックすると拡大します。
オキマツゲ

 

 

冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) オキマツゲ②↓クリックすると拡大します。
オキマツゲ②

 

 

 冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) オキマツゲ③ ↓クリックすると拡大します。
オキマツゲ③

 

 

冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) オキマツゲ④↓クリックすると拡大します。
オキマツゲ④

 

 

 

ウミウシはサキシマミノウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、コイボウミウシ、リュウモンウミウシ、

サラサウミウシなどが見れました。

 

 

冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) サキシマミノウミウシ ↓クリックすると拡大します。
サキシマミノウミウシ

 

 

冠島 チョウベイ礁(チョウベイグリ) コイボウミウシ ↓クリックすると拡大します。
コイボウミウシ

 

 

その後、島影でお昼休憩の後、立神礁(タチガミグリ)へ。
 

こちらも透明度はまずまずで、アジの群れ、イサキの群れ、タカベ、スズメダイ、

タカノハダイ、アナハゼ、グレなど、安全停止中の浅場にはいろんなカラーバリエーションのオキマツゲと

コケギンポがいて、参加された皆さんは熱心に撮影されていました。

 

 

 

 

 

2015/08/19(水)冠島 宮前(ミヤマエ)/ 瀬先(セザキ)/ ナガシタグリ

1本目 冠島 宮前(ミヤマエ) 水温26℃     透明度15~20m

2本目 冠島 瀬先(セザキ)  水温25℃     透明度15m

3本目 冠島 ナガシタグリ   水温25~26℃   透明度20m

 

本日は、千島・御神島に行く予定でしたが、福井方面の海況が少し芳しくなかったので、

冠島へ変更しての出向となりました。

航行中は多少揺れたものの、冠島の近くになるにつれ、段々と波もマシになってきました。

 

 

初めに宮前にてエントリー。

静かで透明度が高く、イサキやアジ、スズメダイ、チャガラの群れに、イシダイ、マダイ、

砂地にはサビハゼ、ホシノハゼ、オコゼ、アナハゼなど、またメバルやタツノオトシゴなどが見れました!

 

 
宮前 サビハゼ ↓クリックすると拡大します。
サビハゼ

 

 
宮前 メバル ↓クリックすると拡大します。
メバル
 
 

休憩後、今度は瀬先(セザキ)へ・・・

ここにはジョーフィッシュがたくさん住んでいて、

フィッシュウォッチングや、マクロ撮影が大変面白いポイントです!!

 
 
セザキ ジョーフィッシュ ↓クリックすると拡大します。
ジョーフィッシュ1

 

 
セザキ ジョーフィッシュ↓クリックすると拡大します。
ジョーフィッシュ2

 
 
この日はヤマドリのペアや、ジョーフィッシュ(3個体)、ホタテウミヘビ、タツノオトシゴ、マゴチ、サラサエビ、

中層にはスズメダイの群れや、アジ、イサキ、サンバソウなどが見られました。

 

その後、お昼休憩を済ませてナガシタグリへ・・・

こちらは非常に地形が面白いポイントです☝

透明度が良い今のシーズンには最適で全景はまるで龍の背中のように長く、

その周りには無数のスズメダイやイサキ、アジ、チャガラ・・・

 

 
ナガシタグリ イサキ

 

 

その他カサゴ、イシダイ、タカノハダイ、ウミタナゴ、グレ(メジナ)、コケギンポ・・・

ウミウシはシロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、コイボウウミウシなどが見れました!!